spc

ミネラルについて


ミネラルとは


ミネラルは薬ではないので 、ビタミン以上に重要とも思えるミネラルは自分で積極摂取するしかありません。

野菜・穀類などの食べ物からミネラルは十分に摂取できる、というのは今となっては遠い過去の話です。

皆さんは、ビタミンに関しては意外と良く知っていますよね。どの果物にビタミンCが多いとか、ビタミンが欠乏するとどうなるとか・・・。

ビタミンC、Eなどの有効性など日常メディアなどでも頻繁に紹介されていますから当然のことかもしれませんね。

一方、ミネラルはどうでしょう?マグネシウム、カリウム、亜鉛の含有量が多い食物をどれだけ言えますか?

ミネラルという言葉自体は聞いたことのない人はいないでしょうが、ただ、それが何なのかは大半の人が知らないと思います。そしてミネラルの重要性についても。

『ミネラル』。それ自体が単体で存在する成分元素だと勘違いしている人も意外と多いのではないでしょうか。


そこでまず、ミネラルについての最低限の知識を頭に入れておいて頂きたいと思います。

地球上には約110を超える元素があり、私たちの体内にもほぼ同じくらいの元素が存在するようです。

人体を構成する元素は、原始の海に生物が誕生した頃の海水の構成元素に近いといわれています。
その中でも生命を維持するために必要不可欠な元素として現在分かっているのは約30種類ほど。

身体の約96%は炭素・窒素・水素・酸素の4元素(有機元素)から構成されています。
それ以外がミネラル。ナトリウム、カルシウム、リン、硫黄、カリウム、塩素、マグネシウムを合わせた11種類で総構成元素の99%を占めています。

この中で金属元素は、「ナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウム」の4種類。
ナトリウム、カルシウム、リン、硫黄、カリウム、塩素、マグネシウムは、人間の体内存在量の多い主要なミネラルです。

残りの1%は、体内存在量の多い順に、鉄、フッ素、ケイ素、亜鉛、鉛、バナジウム、ヒ素、マンガン、ヨウ素、セレン、ニッケル、モリブデン、スズ、クロム、コバルトなどで、これらを「微量ミネラル」と呼びます。

このあたりになると、昔、化学で習ったことがある・・・というようなかすかな記憶がよみがえってきますよね。
しかし、常量ミネラルは言うまでもなく、この微量ミネラルも体にとって非常に大切なものです。

ミネラル自体にはカロリーはありませんが、私たちの身体を構成する細胞も多種類のミネラルで構成され、タンパク質やビタミンと反応(酵素として)して身体の発育、代謝、生理作用のコントロールなど、人体を健全に発育させ、生命を維持しているのです。

ミネラルは代謝活動の中心を担う大切なものなのです。どれかが欠けても生命維持不可能。
さらに、ミネラルは体内で生成できません。だから、食べ物で取り入れるしかないのです。

ですから、野菜・穀類を毎日しっかり食べることが大前提になりますが、昨今の食生活事情などから、少々心配な方はモリンガのような様々な栄養素を含む100%天然のサプリメントでサポートするのもおススメではあります。



・ 歯や骨格を形成する、人体の構造材料としての働き
・ からだの発育、新陳代謝をつかさどるホルモンとしての働き
・ 人体のすべての代謝機能や化学合成に関与する酵素としての働き


有用なミネラル(常量ミネラル、微量ミネラルの総称)に対し、人のからだを蝕む「有害ミネラル」もあります。

代表的なものには水銀、カドミウム、鉛、ヒ素があります。体内に過剰に蓄積されると、自閉症ほか様々な病気の原因になるとも言われます。

有害ミネラルは摂取&蓄積過剰だと要注意ですが、健全な日常生活をする中で、過剰に摂取することは極めて少ないはずです。

しかし、一昔前までに作られた給水管は鉛なので、水道水に溶け出している可能性はないとは言えません。 また、アルミニウムのなべやヤカンから溶け出している可能性も考えられます。

ミネラルは、微量とはいえ、どれか過不足があっても体に影響を与えます。

体内のミネラルバランスを髪の毛で測定する毛髪ミネラル検査、というものがありますので、ご心配な方は一度検
健康と美の本気情報