五條の霧水のメーカーの井口さんの体験談です

2002年10月、一人でも多くの乾燥肌の方や、あかぎれ、手荒れ等で苦しんでいらっしゃる方々に、良くなって頂きたいという思いから、五條の霧水を商品化いたしました。それは私が40数年間、手やかかとのあかぎれで、本当に痛い思いをし、毎年冬になると乾燥肌で苦しんできたのがうそのように変わったからです。

そのときの喜びは、言葉では言い表せません。ですから皆様のお喜びの声を聞かせて頂くと、本当に共感でき心からうれしく思います。


自家製の霧水を使い始めて・・・

最初は自家製でした。霧水を使うまでは、夏でも、つっぱらない洗顔フォームで顔を洗い、しっとりタイプの化粧水・美容液・乳液・栄養クリームをつけておりました。

ところが霧水を使い始めたら、夏の朝起きたときに、顔中脂がでてきてべたつくので、石鹸で洗うようになりました。そして霧水だけでつっぱらないので、何もつけなくなったのです。秋から冬にかけても、石鹸で洗い霧水だけをつけておりました。その結果、あれほど油分の多いクリームをつけても乾燥していた肌が、自分で皮脂を出して潤っているのに気付いたのです。


肌の変化を感じ・・・

2回目の冬には、キメが細かくなり、つやも出て周りの人たちからも、「きれいな肌ですね。」と、言われるようになっていました。 そして、使用回数も、最初の頃は、乾燥したなと思ったときには頻繁につけていましたが、その頃には朝と風呂上りの、2回だけで潤うようになっていました。使い続ける事によって、肌の確かな変化を、身を持って体験したのです・・・。